専門学校で保育士になるには

保育士になるためにはさまざまな道があります。


国家試験合格を目指して自分で勉強するのもいいでしょう。


大学や短大・専門学校などで勉強し、卒業することで自動的に保育士資格を取得することもできるのです。保育士になるための専門学校は全国に数多くありますが、大きく分けて2種類に分類することができます。厚生労働大臣指定の学校・指定校であれば卒業するだけで資格を取得することができるでしょう。

ただ、併修校というのもあり、こちらは厚生労働大臣指定の通信課程にも同時に入学・卒業する必要があるのです。
その分の学費も別途必要となる場合もあるので、注意してください。

保育士の専門学校の情報はこちらのサイトです。

保育士専門学校というと2年制が主流なものの3年制のところもあります。

よく利用されている朝日新聞デジタルに関する口コミ情報を募集しています。

大学であれば4年間かけて身につける知識や実践力をたった2年か3年で身につけようとするのですから専門学校の方が多忙になります。ただ、4年もかけるのは時間がもったいない・その分の学費が支払えないというのであれば3年制のところに入ってもいいでしょう。

2年制よりはゆっくりじっくりと学ぶことができます。

ただいずれにせよ働きながら資格取得を目指すのは大変です。



とはいえ、夜間過程を設けている学校もあるため、決して不可能とは言いきれません。
保育士を目指す道はさまざまあり、それぞれにメリットデメリットがあります。
良く調べた上で自身に合う方法からその世界を目指しましょう。
専門学校だと、即戦力になれるだけの実践力を身につけられるというのもメリットです。